旅するパン屋なんですねー!!なんですかー(笑)本当ですかー?

旅するパン屋と書かれたツキモ号を見たお客様の反応は様々。きっと色々な想像をして質問されるはず。そんなに遠くには行きません、いちいち工房帰ります、工房前でも販売します、何なら最近部屋にいるの好きです・・・とお答えすると、すこし残念そうな方も少なくない。一応いろいろ詰め込んでつけた「旅するパン屋」。いちいち旅モード。

夜中の山道をトイレを探して走り続け、カーナビが仕事を放棄した細い道の突き当りが沢山のお稲荷さんで守られている神社だったりする。そこでお粗相も出来なければ何となく振り返ることも出来ずUターンにやたらと時間かかって追い込まれる、旅。 人気の無い所で仮眠して目覚めたら沢山の人に囲まれて花火まで上がっている、旅。 近所にパンをお届け中に歩道を歩くどこかで見たことがある、あー!25年前の同級生、駆け足で蘇るノスタルジックな旅。 出店先で出会った人の紹介先で知り合った人に教えてもらったお店のイベントで初めて聴いて震える、音旅エトセトラ。

journeyではなくtripな日々。移動よりも、なぜ今ここにパンを持って立っているかに主眼をおいて旅するパン屋。んなこと言ってないで、いいからパンを焼けよ!と、もっと美味しいパンが焼けるよう精進の旅をしなければいけないツキモバザール。